求人されている建設関係の色々なお仕事内容の紹介

建設業界は、日本経済の立て直しに伴うインフラ整備による需要拡大や、東日本大震災の復興事業、2020年東京オリンピックに伴う特需などにより、一時期の厳しい不況を乗り越え、好景気に転じる気配を見せています。実際に発注も増えていますが、そこで課題となっているのが深刻な要員不足です。その背景にあるのは、不況時に再三にわたって行われた人員削減政策です。会社を守るためには止むを得なかったしさくとはいえ、多くの中堅社員が会社を去っただけではなく、新入社員の募集も凍結していましたから、社員の高齢化は各企業が抱える大きな問題です。この状況を打破するには、業界の悪しきイメージを払しょくすることであり、その仕事内容をもっと、多くの人々に知ってもらうことが大切です。

建設業界における施工・設計の仕事内容とは

業界の仕事の中で、最もよく知られているものが施工・設計です。施工は、主に作業現場のマネージャーとして、施工スケジュールの進捗を把握し、作業現場の安全対策、品質向上、コスト削減、工期の遵守などを管理します。さらには発注業者や現場作業員とのコミュニケーションも重要な仕事です。対人関係における調整能力が必要であるのと同時に、場合によっては強引にでも物事を推し進める力強さが必要な仕事であり、業界の中でも求人数が多いのが特徴です。設計意匠設計、構造設計、設備設計に区別され、ビジネスビルや商業施設、一戸建てやマンションといった住宅、コンサートホールやスポーツ施設といった公共施設など様々な建築物の設計を担っています。設計の技術は日々進化していることから、こういった進化に対応するための積極的な姿勢や勤勉さが求められる仕事であり、求人募集の際には資格が必要となる場合があります。

建設業界における営業・人事の仕事内容とは

業界の中でも営業職は、その会社の業績に直結する仕事ですから、求人数も多く、人材登用については非常に神経を使う部署です。まず、大切なことは、良好な対人関係を築く能力に長けていることです。これは、クライアントに対してのみならず、社内においても同様です。営業職は、直接クライアントの要望を聞く職種ですから、それを実現するには、社内の施行や設計部門とのコミュニケーションが図れていないと叶いません。また、施行・設計の仕事を理解していることも大切です。建設会社の仕事内容は「施行・設計」「営業」が中心となりますが、一般の会社と同様に「人事」「会計」「労務」といった非現業部門の仕事も求人数は比較的、少ない傾向にあります。特に人事は、有益な社員の確保が喫緊の課題ですから、採用計画や入社後の育成方針の策定といった大切な仕事を任されています。

休日・休暇がしっかりしている案件ばかりなので、やりがいのある情報を多数掲載しています。 経験者は紹介案件の幅も広く、より良い条件をご提示可能です。 高齢になってからの転職や、今までの仕事が定着していなかった人が働きやすい環境を提供します。 お客様のご要望とスキルに合わせた求人を紹介しています。 勤務地や施工規模、携わる案件の種類など、いただいた希望に対応する多くの紹介が可能です。
おすすめ→建築関連の求人・転職情報サイト【建築求人.jp】