最近の建設業界の求人のあり方などがわかる情報源はこんなところ

建設業界は、日本経済の影響を最も受けやすい業界であるため、長い不況に苦しんでいました。しかしながら、政府の経済政策のおかげで日本経済そのものが回復の兆しを見せていること、東京オリンピックなど国をあげての大きなプロジェクトが控えていること、東日本大震災の復興事業といった特需があることから、ようやく景気が回復してきました。しかしながら、長い不況の間に行ってきた、人員削減政策の影響は大きく、労働者の高齢化、中堅社員の不足によるスキル低下、若年労働力の不足といった問題を抱えており、一部ではせっかく仕事の発注があっても受注できないといった現象も起きています。今後は、業界全体で優秀な人材を確保する取組みが必要であり、そのためには様々な媒体を活用する必要があります。

建設業界の求人を取り巻く環境とは

業界にとって、一番必要な人材は若年層であり、将来、業界全体を盛り上げていくような技術者です。しかしながら、客年層が業界の抱いているイメージといえば、長時間労働が慢性化している等、労働条件が劣悪である、給与が安いといったものです。こういったイメージを払拭するには、求人サイトや会社説明会、若者向けの雑誌などに、詳しい仕事の内容や業界を取り巻く環境について、わかりやすくアナウンスする必要があります。実際、設計、施工の仕事はIT化、専門家が進んでおり、こういった仕事に従事する人々を建築系エンジニアと呼び、建築士などの資格を取得しておかないと就職もままならない状況となっています。一方では、若手技術者の育成は業界にとって大きな課題ですから、一部では、入社後に資格取得を支援している会社もあります。

建設業界の求人に対する考え方を知る方法

建設需要の拡大に伴い、人材の確保は政府の課題ともなり、ついには外国人労働力の確保を目的とした施策も発表されました。このように業界の動きは非常に活発であり、求職者にとってより働きがいのある会社に就職するためには、情報の収集力がポイントとなります。主な情報源としては、求人サイトが最も多くの人に利用されています。単なる会社の紹介や労働条件の説明だけでなく、業界全体の動向についても紹介しているサイトが大半ですから、いくつかのサイトで情報を比較してみると、そのとらえ方の違いも参考となります。また、眺めているだけでなく、サイトのコンサルティングに質問すると表には出てこない情報もありますので有効です。また、業界全体の話題であれば、新聞には必ず掲載されますから、経済欄を中心に読み込むことが大切です。